カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

TACO ché
新着情報、おすすめ商品、展覧会やサイン会などの店内イベント情報をお届けするショップブログです。
フリーページ
rss atom
ホーム 文芸
ホーム ZINE/ミニコミ よみもの Literary
「鴻池朋子 絵のうら側に言葉の糸をとおす」聞き手 大竹昭子+堀江敏幸
2017年、鴻池朋子を招き、聞き手、大竹昭子+堀江敏幸で行った対談の再録。

東日本大震災後の2011年3月、大竹昭子の呼びかけにより「ことばのポトラック」が
おこなわれました。本書はいまも継続しているこのトークイベントに、
美術家・鴻池朋子が登壇した回の内容を再構成した鼎談集です。
聞き手は大竹昭子と堀江敏幸がつとめ、三人それぞれが多くの言葉を足しました。

鴻池朋子は大震災のとき、個展の最中で、揺れが収まってから会場にいくと、
自分のつくった作品に少しも情熱がもてなくなっているのに気が付きました。
そこでいったん制作を停止し、描くとは? 創るとは、作品を見せるとは? など、
つぎつぎと湧きおこる本源的な問いに全身全霊でむきあい、模索します。
そこから絵画パネルという既存の表現形式を超えて、
動物の皮革に描いたり、糸で縫ったりという手法が編み出されていきました。

「描くこと」「創ること」ことを、
人間の営みの歴史や地球の活動にまで広げてとらえようとする彼女の意欲は、
既存の「美術」を超えた刺激と発見に満ちています。

「ポトラック」の会場はその日、大変な熱気に包まれましたが、
人々が集うことがしづらくなったいま、
そのときのエネルギーと思考の軌跡を活字にしてお届けしたいと思いました。

コロナ禍と津波は同じではありませんが、
人間の想像力を超えた事態に直面したとき、
それに立ち向かおうとする姿勢には希望が感じられます。

日常が滞りなく過ぎていると見えにくい物事の本質は、
大きな石が転がり落ちて行く手がふさがれたとき、
たちまちあらわになります。
そのときに立ち止まって考えることができれば、
つぎの山を登る力が蓄えられると彼女の言葉は教えます。

文庫60pages

震災後の、作品カタログTornado Huntingもございます。

「鴻池朋子 絵のうら側に言葉の糸をとおす」聞き手 大竹昭子+堀江敏幸
定価 990円(税込)
販売価格

990円(税込)

購入数

クレジットカード/代金引換/銀行振込/ 郵便払込・ゆうちょ銀行/店頭受取

**詳しくはこちら
送料は全国一律300円
お買い上げ商品金額が10,000円以上の場合無料
郵便/福山運送の宅配便/クロネコメール便でのお送りになります。
**詳しくはこちら