カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

TACO ché
新着情報、おすすめ商品、展覧会やサイン会などの店内イベント情報をお届けするショップブログです。
rss atom
ホーム 漫画 Comic
ホーム ZINE/ミニコミ 漫画 Comic
ゼイナ・アビラシェド「オリエンタル・ピアノ」関口涼子・訳
「オリエンタル・ピアノ」の紙面は、音とデザイン化された絵にあふれている。
状況説明のテクストも登場人物たちのセリフもクツが鳴る音や鳥のさえずりも同じ字体で書かれて、
オノマトペがペンや筆で書かれたマンガを見慣れた人は少し戸惑うかもしれない。
 しかし、それは50年代のペイルートに暮らす主人公の一人アブダッラーを取り巻く音の景色でもある。
彼は自身の音楽を奏でるために(ハリー・パーチのように)12平均律にない4半音を奏でる
オリエンタル・ピアノを開発し、ウィーンに招かれ、ピアノの量産化に向けて普及活動に精を出す…。

一方、現代のパリ。幼い頃から祖父にフランス語を仕込まれ、アラビア語と2つの言葉の中で育った若い女性が、
ベイルートからのこの町に移住し、両国を往復しながら、やがてフランスに帰化するうちに、
フランス語に不在の言葉に気付いたり、アラビア語にないニュアンスを体感したりして、
二つの言葉は編み物のように絡み合いながら、このもう一人の主人公の中で、豊かな表現を織りなしてゆく。

曾祖父と曾孫娘の物語が交錯するなかで、
(曾祖父と親友の性格が正反対なら、その親友は双子の片割れであり…、
時代は変れど曾祖父も曾孫娘も東洋と西洋の間で自らの音楽or言葉を奏で…と)
様々な要素がデュアルかつ精密に描かれてゆく。

言語や文化を、自身の記憶や体に取り込み、再び紡ぎだすことで自身の物語=人生を歩んでゆく様は、
誰もが自分のオリエンタル・ピアノを発明し、奏でる行為であるかのように。

B5判212pages 河出書房新社


ゼイナ・アビラシェド「オリエンタル・ピアノ」関口涼子・訳
型番 55393
定価 2,592円(税込)
販売価格

2,592円(税込)

SOLD OUT

クレジットカード/代金引換/銀行振込/ 郵便払込・ゆうちょ銀行/店頭受取

**詳しくはこちら
送料は全国一律300円
お買い上げ商品金額が10,000円以上の場合無料
郵便/福山運送の宅配便/クロネコメール便でのお送りになります。
**詳しくはこちら