カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

TACO ché
新着情報、おすすめ商品、展覧会やサイン会などの店内イベント情報をお届けするショップブログです。
フリーページ
rss atom
ホーム 文芸/批評 Literary
ホーム ZINE/ミニコミ よみもの Literary
北村小松「火 -少年科学防諜作戦- 前篇」
戦前は『マダムと女房』をはじめとした映画シナリオ、戦時中は戦争(協力)ものやスパイもの、
戦後はユーモア小説に転じ、日本空飛ぶ円盤研究会の会員でもあった大衆小説家・北村小松の
SF系作品の発掘・紹介をしてきた日本初期SF映像顕彰会が北村の軍事科学冒険小説を復刻。

北村小松が昭和16年に「少国民新聞(現在の毎日小学生新聞)」紙上で1年間連載した少年向け軍事科学冒険小説の復刻。
海野十三のような、派手なメカや超科学描写はありませんが、「子供の科学」レベルの科学トリックを
追ううちにだんだんとスパイ追撃の冒険物になっていくという手堅い愉しみがあります。
戦前の小説なので、敵の英米組織のアジトが今でいう南沙諸島(当時、新南群島=日本領)内にあったり、
英米に騙されている東南アジア住民を日本側エージェントが説得する長口上が延々十数回にわたって続いたり、
この時代ならではの描写が多々見受けられますが、それも含めて興味深い冒険小説。

今回は連載全323回のうち前半の山場になる181回までの内容を採録。
当時のままに挿絵・海洋画家、飯塚羚児の挿絵も再録していて、当時の少年小説世界が味わえます。

新書判216pages JESFTV新書

北村小松「火 -少年科学防諜作戦- 前篇」
型番 47974
定価 1,572円(税込)
販売価格

1,572円(税込)

SOLD OUT

クレジットカード/代金引換/銀行振込/ 郵便払込・ゆうちょ銀行/店頭受取

**詳しくはこちら
送料は全国一律300円
お買い上げ商品金額が10,000円以上の場合無料
郵便/福山運送の宅配便/クロネコメール便でのお送りになります。
**詳しくはこちら