カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

TACO ché
新着情報、おすすめ商品、展覧会やサイン会などの店内イベント情報をお届けするショップブログです。
フリーページ
rss atom
ホーム 文芸/批評 Literary
ホーム ZINE/ミニコミ よみもの Literary
日本ジュール・ヴェルヌ研究会「EXCELSIOR! vol.4」アンドレ・ローリー(パスカル・グルーセ)没後百年
 明治初期に日本に紹介され『十五少年漂流記』などで知られるジュール・ヴェルヌ。
しかし、日本語で読むことができる作品はその一部にすぎないことから、研究者から一般読者をひろくつのり、
作家や作品について研究すべく2006年に設立されたジュール・ヴェルヌ協会の機関誌。

 第4号の特集はヴェルヌと因縁浅からぬ作家アンドレ・ローリー(本名パスカル・グルーセ)。
2009年の没後100年を記念してフランスでも雑誌の特集や学会、伝記発行などが相次いだが
EXCELSIOR!では、この特異な人物とヴェルヌの関わりについて掘り下げる。

-----

【内容】
ザヴィエ・ノエル「アンドレ・ローリーと編集者エッツェル」
フォルカー・デース【特別寄稿】「パスカル・グルーセ『ベガンの遺産』からジュール・ヴェルヌ『ベガンの五億フラン』へ」
石橋正孝「『ランジェヴォル』狂想曲――ヴェルヌとエッツェルはいかにしてグルーセを料理したか」
『ベガンの五億フラン』読書会
私市保彦 「都市と監獄――『ベガンの五億フラン』をめぐって」
島村山寝「砲弾は落下してこない――グルーセを「読む」ヴェルヌ」
新島進「ペリーヌと魚雷――読書会のあとさきにした雑考」
小林晋「アンドレ・ローリーの『海底の水晶都市』を読んで」
戸倉博之「『南の星』に登場するダイアモンドについての一考察」
藤元直樹「明治ヴェルヌ評判記――『鉄世界』編」

●自由投稿
新須憲一「SFの黎明期から現代まで」
まくたけーた「日本ヴェルヌ映像コレクション【パート4】」
伊藤民雄「『十五少年漂流記』の映像化作品」
小野耕世「カレル・ゼマン、ジュール・ヴェルヌを語る」
島村山寝「鳥とシャツと、ミス・アラベラについての覚書」

●翻訳評論・連載翻訳およびその周辺
ジュール・ヴェルヌ 「頑固者ケラバン【第四回】」

ジュール・ヴェルヌ活用法――奥泉光氏を迎えて
会員アンケート:ヴェルヌ作品に登場する乗り物で乗ってみたいものは?

A5判208pages

日本ジュール・ヴェルヌ研究会「EXCELSIOR! vol.4」アンドレ・ローリー(パスカル・グルーセ)没後百年
型番 47429
定価 1,080円(税込)
販売価格

1,080円(税込)

SOLD OUT

クレジットカード/代金引換/銀行振込/ 郵便払込・ゆうちょ銀行/店頭受取

**詳しくはこちら
送料は全国一律300円
お買い上げ商品金額が10,000円以上の場合無料
郵便/福山運送の宅配便/クロネコメール便でのお送りになります。
**詳しくはこちら