カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

TACO ché
新着情報、おすすめ商品、展覧会やサイン会などの店内イベント情報をお届けするショップブログです。
フリーページ
rss atom
ホーム
ホーム 書籍 BOOK 和書 Japanese book
尾崎織女「世界の民芸玩具—日本玩具博物館コレクション」
電鉄会社で車掌として働く青年、井上重義は、書店で斎藤良輔「日本の郷土玩具」を
手にしたのをきっかけに、77年より、非番や休日を利用して、
消え行く各地の郷土玩具を収集、自宅の一部に展示スペースまで作ってしまった。

コレクションは増え、サラリーマンが作った異例の私設博物館として話題になり、
ついに、「日本玩具博物館」と改称し、来場者の期待に応え、学芸員を迎え活動を本格化。
現在では世界160カ国、3万点を越える世界の民芸玩具コレクションへと成長した。

本書は同館の学芸員・尾崎織女が、コレクションの中から
味わい深い玩具や装飾品などを選び、
美しい写真とともにその誕生背景や成り立ちを紹介したもの。

木、土、木の実、麦わら、ヤシの葉、ヒョウタン、紙……
身近なものを使った多様な表現を通して、世界の造形文化を旅します。
メキシコの陶芸の村で作られたアヒルの貯金箱、
イヌイットの作った骨のけん玉、
東欧や北欧の国々に伝承される翼を広げた木製の鳥。
時代に取り残され、消滅しようとしている民衆芸術に光を当てます。

民芸玩具に関するエッセイも収録。
企画・デザインはCOCHAEの軸原ヨウスケ。
カバーをはずした表紙、目次、読者カード、どれも民芸テイストで愛らしい。

B5判変型糸かがり上製 160pages

尾崎織女「世界の民芸玩具—日本玩具博物館コレクション」
型番 0062968
定価 3,300円(税込)
販売価格

3,300円(税込)

購入数

クレジットカード/代金引換/銀行振込/ 郵便払込・ゆうちょ銀行/店頭受取

**詳しくはこちら
送料は全国一律300円
お買い上げ商品金額が10,000円以上の場合無料
郵便/福山運送の宅配便/クロネコメール便でのお送りになります。
**詳しくはこちら