カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

TACO ché
新着情報、おすすめ商品、展覧会やサイン会などの店内イベント情報をお届けするショップブログです。
フリーページ
rss atom
ホーム 文芸
ホーム ZINE/ミニコミ よみもの Literary
大竹昭子 短文集「室内室外 しつないしつがい」
随筆・小説・書評・写真論などで活動する大竹昭子が
都内の4つの書店を会場に開催するトークと朗読のイベント〈カタリココ〉
の内容を収録した「カタリココ文庫」から、今度は散文シリーズがスタート。

第1号は大竹昭子短文集『室内室外 しつないしつがい』です。
雑誌『PAPERSKY』に2010年〜15年にかけて連載していたものから
12篇を厳選し再構成。

====
大竹昭子は、自作の間取りから物語をつむいだ『間取りと妄想』の著作で知られるように、
空間への関心が高く、室内と室外のちがいを幼少のころから意識してきたと言います。

「室内」とは具体的な空間を指すのみならず、想像や妄想を生み出し、
記憶の貯蔵庫をも象徴する存在であり、対する「室外」は体の外に
あって自己の内側に絶えず働きかけてくる外界のことです。

 12の短編は身近なエピソードからはじまりますが、
どれも小さな謎が埋め込まれていて、ミステリーのような味わいがあります。
また、小説かエッセイかという枠組みを超えて別の時空間へと飛躍する手法は、
彼女の代表作『図鑑少年』の延長上にあり読者を架空の「室内」へと誘うでしょう。

生命エネルギーは「室内」と「室外」の往還により支えられているという認識は、
彼女のすべての著作に通底します。
外出自粛令が出で、だれもがそのことを意識せざるを得ない2020年のいま、
本書のテーマはより多くの読者にシンパシーをもって受けとめられるものと思います。

装丁は横山雄+大橋悠治
表紙・装画:工藤夏海

文庫80pages

大竹昭子 短文集「室内室外 しつないしつがい」
型番 0062722
販売価格

990円(税込)

購入数

クレジットカード/代金引換/銀行振込/ 郵便払込・ゆうちょ銀行/店頭受取

**詳しくはこちら
送料は全国一律300円
お買い上げ商品金額が10,000円以上の場合無料
郵便/福山運送の宅配便/クロネコメール便でのお送りになります。
**詳しくはこちら