カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

TACO ché
新着情報、おすすめ商品、展覧会やサイン会などの店内イベント情報をお届けするショップブログです。
フリーページ
rss atom
ホーム 映画・音楽
ホーム ZINE/ミニコミ
円盤のレコブック series 「青春を売った男達ー小椋佳と井上陽水の七十年代ー」
0年代〜80年代の20年間で、マイケル・ジャクソン「スリラー」や
ビートルズ「レット・イット・ビー」などとともに
日本でのアルバムチャートのトップ10に入った
井上陽水の「氷の世界」と小椋佳の「彷徨」。

平成以降に生まれた人にはピンとこないかもしれませんが、
小椋佳は、東大から大手銀行に就職、銀行マンとしても
重責を担い働きながら音楽活動をしてきたため、
メディアへの露出こそ少なかったものの、
多くの歌手への安定した楽曲提供により、
昭和歌謡界での存在感は絶大でした。
(布施明「シクラメンのかほり」、美空ひばり「愛燦燦」、梅沢富男「夢芝居」など!)

一方、井上陽水は、アンドレカンドレ名義で「カンドレ・マンドレ」という
かなり投げやりなタイトルでデビュー。
その歌詞世界が高く評価される現在とは様子が違っていました。

そして、この二人をプロデュースしてスターダムに押し上げ、ヒットをを飛ばした多賀英典。
70年代のヒットの裏に潜む群像劇を田口文人がレコードを通してひも解きます。

現在、市場に中古レコードがあふれかえる小椋佳とは何者なのか?
そして昭和における青春とは?
小椋佳、井上陽水、多賀英典、三人の男のレコ語り!

A5判63pages

円盤のレコブック series 「青春を売った男達ー小椋佳と井上陽水の七十年代ー」
型番 0062258
定価 1,100円(税込)
販売価格

1,100円(税込)

購入数

クレジットカード/代金引換/銀行振込/ 郵便払込・ゆうちょ銀行/店頭受取

**詳しくはこちら
送料は全国一律300円
お買い上げ商品金額が10,000円以上の場合無料
郵便/福山運送の宅配便/クロネコメール便でのお送りになります。
**詳しくはこちら