カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

TACO ché
新着情報、おすすめ商品、展覧会やサイン会などの店内イベント情報をお届けするショップブログです。
フリーページ
rss atom
ホーム コミック評論・ガイド
ホーム ZINE/ミニコミ よみもの Literary
白取千夏雄「全身編集者」
伝説の雑誌「ガロ」元副編集長・白取千夏雄が語り下ろした半生記。

貸本マンガや紙芝居も残る少年漫画全盛の70年代の函館で、漫画の模写を得意とした少年は
漫画家を志し、高校卒業後、専門学校に入ることを口実に上京。
その学校で憧れのガロ編集長・長井勝一と出会い、編集部のアルバイトにスカウトされる。

伝説の材木会社の2階の編集部で、長井編集長のもと編集者たちにまじって
本の出荷や返品処理を手伝いつつ、実地で編集や営業をおぼえると、
一通りの事をソツなくこなす器用さが漫画家としての個性に欠けることに気付くと同時に
編集の楽しさに目覚め、正規の編集者として働くことになる。

60年代に創刊、白土三平、水木しげる、つげ義春などを輩出した伝説の雑誌「ガロ」は
その後も、70年代から80年代にかけて、"へたうま"ともリンクしながら、
日本のオルタナティブコミックの最前線を開拓するが、80年代後半から90年代にかけて
バブルの中でその芸術性は、サブカルチャーの普及とともに他のコミックメディアにも
伝播して、唯一無二の立場を失いかけ、発行部数が落ち込むなど困難な時代を迎える。

読者としてガロの黄金時代を体験し、その残光と衰退の中にあるガロ編集部で
ねこぢる、古屋兎丸、福満しげゆきなどを発掘し、立て直しをはかる過程は
当時の出版界の様子やガロの存在感とともに、その中で奮闘する青年の躍動感に満ちています。

プライベートでは、ガロ編集者時代に、担当だった17才年上の作家、やまだ紫と結婚。
経営が厳しかった青林堂がコンピュータソフト会社の傘下に入ることから次第に生じた
様々な亀裂、そして分裂騒動、ガロ休刊という激動を経て
2005年には症例が稀少な癌がみつかり、1年未満の余命宣告を受けることに。

長年の闘病の過程で、最愛の妻で漫画家のやまだ紫が急逝。
その後、彼女の作品の復刻に奔走するほか、埋もれた漫画作品の発掘と出版を目指す
青年=劇画狼と出会い、編集や出版の指南役として亡くなるまで
編集に捧げた人生の軌跡が綴られている。

2015年11月〜12月・2016年3月に京大病院での総合マンガ誌キッチュ編集部と
おおかみ書房編集部が行った合同インタビューを元に著者が本文を執筆し、
2017年の著者の死後、おおかみ書房編集部が著者ブログ「白取特急検車場」を元に
加筆・校正したもの。
最後に、青林堂の分裂騒動の渦中にいたもう一人の人物、
コンピュータソフト会社の社長だった山中潤氏が別の視点から振り返った
騒動の顛末が綴られており、あわせて読むことで、著者には見えてなかった舞台裏が
明かされることに。。。。

80〜90年代、バブル崩壊後の出版業界、ネット黎明期の様子が伝わる貴重な資料。
表紙は古屋兎丸。

A5判178pages

完売いたしました。重版は未定です。

白取千夏雄「全身編集者」
型番 0060559
定価 1,650円(税込)
販売価格

1,650円(税込)

SOLD OUT

クレジットカード/代金引換/銀行振込/ 郵便払込・ゆうちょ銀行/店頭受取

**詳しくはこちら
送料は全国一律300円
お買い上げ商品金額が10,000円以上の場合無料
郵便/福山運送の宅配便/クロネコメール便でのお送りになります。
**詳しくはこちら