カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

TACO ché
新着情報、おすすめ商品、展覧会やサイン会などの店内イベント情報をお届けするショップブログです。
フリーページ
rss atom
ホーム 文芸/批評 Literary
ホーム ZINE/ミニコミ よみもの Literary
鈴木ちはね 三上春海「時間のかかる短歌入門 1」
2015年に発行された往復書簡形式の「誰にもわからない短歌入門」から3年。
短歌や言葉をめぐる状況も大きく変わる中で
鈴木ちはねと三上春海は斉藤斎藤の第二歌集「人の道、死ぬと町」に出会います。

東日本大震災をはさんだ2004年から2015年の作品を編年体でおさめたこの歌集は
歌人を取り巻く状況の変化に心を揺さぶられ、乗り越えるべく思索を深める中で
そのスタイルまでもが大きく変化してゆく軌跡を追うことになる稀有な書物であり
二人は宮沢章夫の「時間のかかる読書」的アプローチで
時間をかけて書簡による対話形式で読み解いてゆきます。

時間をかけて作られた歌集を、時間をかけておおきなものさしで読もうという試みで
短歌における時間や連作形式について考ます。

従って、本書はまだ読解の途中、全体の1/10程度の段階のもので
続編が予定されています。

---(稀風社ブログより)
既刊「誰にもわからない短歌入門」では、一首評、という切り口から、短歌という問いをかんがえました。

今回の「時間のかかる短歌入門」では、そこで欠けていた「連作」「歌集」という側面に切り込むべく、
2016年におおきな反響を巻き起こした『人の道、死ぬと町』という書物を題材に、
ふたたび往復書簡形式で、こんどは、収録の連作の読解をこころみました。

 『人の道、死ぬと町』は、その内容の重厚さから、短歌をつくらないひとにもそうではないひとにも、
刊行時、おおきな反響を巻き起こした書物です。しかしながら、その巨大さゆえに、
いまだ十分に消化されきってはいない、さらなる批評を待ち望みつづけたままねむっている、
そんな印象をわたしたちに残す書物でもありました。

 本書「時間のかかる短歌入門」には、「連作」「歌集」といった短歌のしくみのみならず、
そのような反響を生み出す斉藤斎藤さんという歌人の作家性にも着目する、
一個の「斉藤斎藤論」という側面があります。
 しかしながら、一個の作家論でありながらも、基本は入門書として、ぐるぐると時間をかけて、
「連作」「歌集」とはなにかを考えながら、短歌というふしぎに対してアプローチをこころみる、
本書はそのような、やや特殊な形式の、あたらしいタイプの入門書となりました。

ーーーーーー

B6判 96pages 稀風社

鈴木ちはね 三上春海「時間のかかる短歌入門 1」
型番 0058156
定価 540円(税込)
販売価格

540円(税込)

購入数

クレジットカード/代金引換/銀行振込/ 郵便払込・ゆうちょ銀行/店頭受取

**詳しくはこちら
送料は全国一律300円
お買い上げ商品金額が10,000円以上の場合無料
郵便/福山運送の宅配便/クロネコメール便でのお送りになります。
**詳しくはこちら