カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

TACO ché
新着情報、おすすめ商品、展覧会やサイン会などの店内イベント情報をお届けするショップブログです。
フリーページ
rss atom
ホーム そのほか
ヒトハコ 創刊号「一箱古本市の楽しみ」
本好きたちが、自分で選んだ古本を一箱ずつ持ち寄って、
町のそこここで一日だけの本屋さんになり、訪れた人たちに町歩きと本を
楽しんでもらう『一箱古本市」。
2005年に東京・谷根千ではじまったこのイベントは10年間で全国各地に広まり
地域の本好きたちの交流イベントとなっています。

イベントの発起人、ミスター一箱古本市ともいえる編集者の南陀楼綾繁と5人の地域編集者が
10年間のブックイベントを通して築いたネットワークを軸に
本から派生するさまざまなテーマを扱う雑誌「ヒトハコ」を創刊。
「本と町と人」をつなぐ、本の現場、生きた町の声を届ける雑誌。

目次

◆ホンバコ(エッセイ欄)
半空文学大賞について 岡田陽介
本屋で歌う 世田谷ピンポンズ
本と門と玉手箱 下村信人
街の本屋さんをつなげるサイト 中川充

◆特集 一箱古本市の楽しみ
・一箱古本市とわたし 石井ゆかり(『12星座シリーズ』)

・店主・主催者 なんで一箱古本市やってるの!?
田中あけみ 三木早也佳 オカノヨウコ 山本拡樹 石垣純子 荒澤久美

・ひと顔古本市 レインボーブックスさん 一箱古本市に200回出た男 構成 水野喜之

・助っ人さん座談会 一箱古本市を一番楽しんでいるのは私たちかも!?
古月 日田南 祭田よしこ 司会 ひな菊の古本

◆対談 アートブックターミナル東北 わたしの本づくり
ばったりたおれ屋×ぬまり 構成 清水真介

◆開店まで 第1回 富山 ひらすま書房
本を読まない人にこそきてほしい 本居淳一

◆一箱古本市徹底レポート 第1回
天神さんで一箱古本市(京都府長岡京市)
・全力でフツーを楽しむイベント 中村明裕
・店主さんの見た「天神さんで一箱古本市」 1003 book3355
・店主さんへのアンケート
・全箱ざっと見!+店主さんひとこと

◆わたしの本のまち
新潟県魚沼地方 おざわようこ

◆ヒトハコ解体新書
・啖呵売ふう「私のコアキーナ流儀」 放浪書房 富永浩通
・いろんな工夫 こんな箱もあります!
モロ古書店 Bar Book Box おねいもと

◆本のある一日
アスカ・O 亀貝太治 とろぶかずこ 佐藤ジュンコ tentent 樋口達也 くりもとみき 工藤陽之

◆熊本地震と本
・3か月後の日記
明日はどんな本が 舒文堂河島書店 河島康之
散髪に行く日 モラトリアム ナカムラ佳子
チェーホフ忌 伽鹿舎 加地葉
本を待つ人がいる 本熊本実行委員 木村晴美
まだ本は読めない BARてれすこ 古田雅義

・東京→熊本 移住する古本屋 古書汽水社 佐藤慶太

◆本屋が訊く本屋のこと 第1回
訊く人 Title 辻山良雄
答える人 汽水空港 モリテツヤ

◆メール対話 ブックイベントのはじめかた、区切りかた
Book! Book! Sendai 前野久美子× 海の見える一箱古本市 佐藤友理

◆地域雑誌の肖像 第1回
鹿児島市 『under's high』編集長・植村隆博さん  聞き手 小村勇一

◆本+αの可能性 第1回 本と宿
長野 街に愉しいハコをつくる 栞日 菊地徹
佐賀 泊まれる図書館「暁」 ひとつ星 白石隆義

◆リレー連載 わたしの手放せない本 第1回
古本いと本 伊藤かおり 森絵都『カラフル』

◆対談 本が地域にできること
鎌倉幸子×南陀楼綾繁

◆一箱古本市の記録 2016年1月〜8月

◆マンガ おたぐちのほんほん劇場(1)

◆6JUMBOPINSの妄想ブックフェス!
イラスト ひうち棚

A5判80pages

ヒトハコ 創刊号「一箱古本市の楽しみ」
定価 972円(税込)
販売価格

972円(税込)

購入数

クレジットカード/代金引換/銀行振込/ 郵便払込・ゆうちょ銀行/店頭受取

**詳しくはこちら
送料は全国一律300円
お買い上げ商品金額が10,000円以上の場合無料
郵便/福山運送の宅配便/クロネコメール便でのお送りになります。
**詳しくはこちら