カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

TACO ché
新着情報、おすすめ商品、展覧会やサイン会などの店内イベント情報をお届けするショップブログです。
rss atom
ホーム リトルプレス アート・絵本
櫛野展正 編著「極限芸術 死刑囚は描く」
本書の前書きによると、日本には現在120余名の死刑囚がおり、
服役刑の受刑者とは違って刑務作業はなく、
24時間監視の狭い独房で30分程度の運動とトイレの時間以外は座って、
ある日突然「その朝」が来るまで自分の罪と向き合っているという。
数十年もその朝を待つ人もいれば、死刑確定から数年で執行される人もおり、
そのひとりの時間をある者は写経をし、ある者は句を詠み、ある者は絵を描いて過ごす。

特別に美術教育を受けたわけでもなければ、絵画体験もない死刑級が極限の状況で、
限られた画材で描かれた絵は、表現の極限でもあり、既存の常識や価値観ぬゆさぶりをかける。

収録作品は「死刑廃止のための大道寺道子・赤堀政夫基金」により集められたもので、
日本初の“死刑囚の作品集としてアウトサイダーアート専門のギャラリー・クシノテラスから発行された。
和歌山毒カレー事件の林眞須美、痛車塗装経験を活かした作画の強盗殺人犯・若林一行、
秋葉原無差別殺傷事件の加藤智大をはじめ42人の作品を収録。

林眞須美、風間博子、岡下薫、井上孝紘、北村孝、北村真美、千葉祐太郎、鈴木勝明、藤井政安、田中毅彦、岡本啓三、後藤良次、星彩、高橋和利、熊谷昭孝、迫康裕、何力、謝依俤、原正志、宮前一明、しょがんせん、若林一行、闇鏡、音音、加藤智大、伊藤和史、檜あすなろ、高井空、西山省三、猪熊武夫、長勝久、響野湾子、石川恵子、松田康敏、高尾康司、ike、金川一、江東恒、豊田義己、兼岩幸男、松本健次、小林竜司ら42名の作品を多数収録

椹木野衣、田口ランディの論考もあり。

A4判44pages




櫛野展正 編著「極限芸術 死刑囚は描く」
型番 0054522
定価 1,200円(税込)
販売価格

1,200円(税込)

購入数

クレジットカード/代金引換/銀行振込/ 郵便払込・ゆうちょ銀行/店頭受取

**詳しくはこちら
送料は全国一律300円
お買い上げ商品金額が10,000円以上の場合無料
郵便/福山運送の宅配便/クロネコメール便でのお送りになります。
**詳しくはこちら