カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

TACO ché
新着情報、おすすめ商品、展覧会やサイン会などの店内イベント情報をお届けするショップブログです。
rss atom
ホーム 文芸/批評 Literary
ホーム ZINE/ミニコミ よみもの Literary
日本ジュール・ヴェルヌ研究会「EXCELSIOR! vol.3」『十五少年』から『二年間の休暇へ』
 明治初期に日本に紹介され『十五少年漂流記』などで知られるジュール・ヴェルヌ。
しかし、日本語で読むことができる作品はその一部にすぎないことから、研究者から一般読者をひろくつのり、
作家や作品について研究すべく2006年に設立されたジュール・ヴェルヌ協会の機関誌。
誌名はヴェルヌのデビュー作『気球に乗って五週間』の主人公サミュエル・ファーガソン博士の第一声で、
ラテン語で「より高く」を意味するExcelsior !から。

 第3号の特集は「『十五少年』から『二年間の休暇』へ」。
邦題「十五少年漂流記」の原題はDeux Ans de Vacances(2年間の休暇)。
会員でもある私市保彦の新訳刊行にあわせて、森田思軒による最古の訳「十五少年漂流記」から
今までの歴史をひもといてゆく。森田思軒の曾孫で早稲大大学教授の白石昌也が祖母から伝え聞いた
曾祖父についての特別寄稿も。またヴェルヌを映像化したカレル・ゼマンへのインタビューを含む小野耕世の寄稿もあり。

【内容】
私市保彦 「『二年間の休暇』の新訳にあたって」
白石昌也【特別寄稿】「曾祖父・森田思軒のこと」
藤元直樹「明治ヴェルヌ評判記――十五少年編」
櫛木千尋「二十分の休暇に」
『二年間の休暇』読書会
田中重行「『二年間の休暇』について」

●自由投稿
新須憲一「何を読んでもヴェルヌを思いだす」
まくたけーた「日本ヴェルヌ映像コレクション【パート3】」
小野耕世「カレル・ゼマンによるヴェルヌ作品の映画化」
大橋博之「『亜非利加内地:三十五日間空中旅行』にまつわるキーワード」
石橋正孝「『海底二万里』改訂作業途中経過 附・フォルカー・デース提供『海底二万里』対照表」

●小特集:『グラント船長の子供たちをめぐって」
石橋正孝「『グラント船長の子供たち』における読者の問題と編集者エッツェルの介入」
島村山寝「『グラント船長の子供たち』TVアニメ化検討会議」

●翻訳評論・連載翻訳およびその周辺
ジュール・ヴェルヌ 「頑固者ケラバン【第三回】」
桜井飛鳥「240日間、企画で奔走――実録・「異国見聞『八十日間世界一周』」スタッフの舞台裏」

A5判168pages

日本ジュール・ヴェルヌ研究会「EXCELSIOR! vol.3」『十五少年』から『二年間の休暇へ』
型番 39557
定価 1,080円(税込)
販売価格

1,080円(税込)

SOLD OUT

クレジットカード/代金引換/銀行振込/ 郵便払込・ゆうちょ銀行/店頭受取

**詳しくはこちら
送料は全国一律300円
お買い上げ商品金額が10,000円以上の場合無料
郵便/福山運送の宅配便/クロネコメール便でのお送りになります。
**詳しくはこちら