カテゴリー
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
ショップ紹介

TACO ché
新着情報、おすすめ商品、展覧会やサイン会などの店内イベント情報をお届けするショップブログです。
フリーページ
rss atom
ホーム 映画・音楽
ホーム ZINE/ミニコミ
ヤマヴィカ宇宙学II−The Cosmology OF ISAO YAMADA
2015年6月12日〜7月11日、ストックフォルムで開催された
山田勇男の個展「The Cosmology OF ISAO YAMADA〜calligraphy x painting xfilm」
(邦題:山田勇男 その宇宙の断片〜文字 x 絵画 x 映像)用に製作された特製展示会カタログ。

演劇実験室天井桟敷に入団した頃に書いた詩や絵、
これまでの映像作品から厳選された言葉、レタリングなど満載。
ほか、最新フィルモグラフィー、個展用に書き下ろした文章も。

「この掌にのる冊子は、山田勇男の世界を多面的に紹介する国外初の個展に際して発行します。
国境知らずのヤマヴィカ宇宙が、時空を超えて、
いつか、この地球という小さな星のどこかで、貴方に届くことを願って
This little handbook is published on the occasion of Yamada Isao’s solo-exhibition in Sweden,
encompassing his multi-facet expressions through varied interactive media-words,
calligraphy, paintings and films.
Varied like the celestial constellation in their totality,
his art consists an original universe: ‘Yamavica Cosmology’. Beyond borders in space and time,
may its beam reach you sometime somewhere on this small planet.」(本冊子より)

20cm×13cm 44 pages 200部限定 リソ印刷

●山田勇男
1952年、北海道生まれ。

74年、演劇実験室天井桟敷に入団。
寺山修司監督作品映画の美術・衣装デザインを担当。
77年、札幌にて漫画家・故湊谷夢吉らと銀河画報社映画倶楽部を結成。
稲垣足穂の「一千一秒物語」をモチーフに製作した処女作『スバルの夜』以来、
現在まで8mmフィルム作品を中心に100本を越えるアート・フィルムを制作。

気配・影などの “ゆらぎ”、そして夢と現実の“はざま”を写し取る、
詩的な映像世界を紡いでいる。
独自の世界観を持った映像は国内外で評価が高く、
フランス(パリ、ブザンソン)、ドイツ(オーバーハウゼン映画祭)、
スウェーデン(ストックホルム現代美術館)などで特集上映が組まれ、
作品は海外の美術館や大学に収蔵されている。

劇場映画の監督作品は、『アンモナイトのささやきを聞いた』(1992, カンヌ国際映画祭招待)、
つげ義春原作『蒸発旅日記』(2003)、『シュトルム・ウント・ドランクッ』(2014)。

一方、漫画家、装丁家としての顔も持ち、「ヤマヴィカ製文字」によって独特な世界観を紡ぎ出す。

山田勇男についての書籍は『夢のフィールド』(1992)『星のフラグメント』(2003)、
『ヤマヴィカ宇宙学』(虹霓社/2014)
自身の著作には漫画集『戯れ』(2008)、細密ペン画集『人魚』(2013) などがある。

ヤマヴィカ宇宙学II−The Cosmology OF ISAO YAMADA
型番 0058770
定価 500円(税込)
販売価格

500円(税込)

購入数

クレジットカード/代金引換/銀行振込/ 郵便払込・ゆうちょ銀行/店頭受取

**詳しくはこちら
送料は全国一律300円
お買い上げ商品金額が10,000円以上の場合無料
郵便/福山運送の宅配便/クロネコメール便でのお送りになります。
**詳しくはこちら